読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

妖精さん、いらっしゃい

ピーター、ハムスターでしょ。ぼく人間だもの。ヒューマンとしてこの世に生きてる妖精さんにぶち抜かれている結構大人

NEWSの将来

以前、こちらで、NEWSとテゴマスという記事を書いた。

あれはあの時の気持ち。

そして、今は、また違う気持ちを抱えてる。

これについては、また。

 

永遠に変わらない気持ちかぁ。

将来なんて、本人もファンもわからない。

今が幸せだもん、それでいいじゃないのかな。

契約しているわけじゃないし。

 

そんな中、テゴちゃんは、以前、NEWSをやることは宿命だと言った。あ、少年倶楽部プレミアムでKAT-TUNがMCをやっていた頃ね。

「宿命」

なんて重い言葉だろうと思った。

契約を交わす以前に、背負った運命だよー

確かにファンは彼らをずっと待っていたし、それを原動力にして、彼らは復活した。

「宿命」

彼の決意が相当なものであることは、疑いようがなかった。

この4人で、TEPPENを取るって大きな目標を掲げ、彼らは突き進んできた。

そしてテゴちゃんはいつも何かと闘っていた。

彼が何かと闘っていたことを、私は知っている。

それって、彼がいつも隠さず、私たちに語ってくれたから。

 

そう、いつも彼は語ってくれた。

 

 

私たちは何を恐れているんだろう?

 

ずっとずっとNEWSでいてほしい

NEWSと共に人生を歩んでいきたい

と願うファン、だって今がとても幸せだから。

 

 NEWSてさ。彼らとファンの相思相愛が浄化されて天にも昇れるバカップルだと思うの。

バカップル上等!!

何があっても愛してる。

 

 

ただ、それが、いつかテゴちゃんの足枷になってたら怖いと思う。

なんで、自分の人生を大事にしないの?

人のために生きてるなんておかしいよーという彼が、宿命を背負ってるって矛盾しているよね。

 

だからね、将来のことを考えているテゴちゃん、なんかホッとした気持ちもあるの。

テゴちゃんが目指している先には何があるのだろう。わくわくするじゃないか。

 

将来のことをテゴちゃんが口にしたのは

TOKIOカケル」で、プロデューサー業をやりたいって言ったことが初めてだと思う。

自己プロデュースでここまできたテゴちゃんが、ノウハウを後輩に繋げたいと考えは、テゴちゃんらしいなと思う。

スポーツ選手が、第一線から引退を決めて、後進の指導をするのと同じ思考ぽいなぁ。

 

先日の少年倶楽部プレミアムでも、長嶋一茂さんとのロケ中に、不動産の税金知識を口にして、一茂さんから驚かれ、「見た目はチャラいけど、意外と考えてます」と返答。(ニュアンスで勘弁)

 

ハウツー本が、好きな彼だから、色々な知識が頭に入っているんだろうね。(その割に常識的なことを知らないのはなぜだろう、やはり妖精さんだから)

 

友人から、ジャニーズの年のとり方って、不自然だねーと言われたことがある。
私、反論ができなかった。
男性アイドルが、歳をとって、その先にあるものって、またまだ可能性がたくさんあって、継続だけじゃないと思う。

 

ただね、テゴちゃん本人には類い稀な芸能の才能があるんだよー

それをうまく使って欲しいんだよー

テゴちゃんがやりたいこと(事務所と闘ってることってなんだー?)出来ることなら叶えてあげたい。

写真集だってまだ出てないじゃないかー

 

ファンの気持ちだけじゃなくて、シビアな数字で左右される大人の事情問題の中、

突然、15周年のことを発言しだした4人

ちょっと先の具体的かつ現実的なことを、語るのって、なかったことだから、ちょっと嬉しかったりする。

夢のカケラを少し掴めてきたのかなーって。

 

 

 

少プレ沖縄旅行で

NEWSってバンドみたいだと思うって、テゴちゃん言ってたね。

私もずっとそう思ってたよ。

 

それぞれが奏でる才能が合わさったグループ

NEWS

なんてステキな響きなんだろう。

 

 

 

今週は名古屋公演、

行かれた方がみんな幸せな気持ちになって、愛を交換できますように。